不動産担保ローンはどれくらい融資可能?

評価額=借入可能額?

不動産担保ローンは融資額が大きいのが魅力の一つです。しかし、いくら融資限度額が大きいといっても、提供する担保となる不動産の価値によって変わってきます。例えば、1000万円借入したいので持っている土地を担保にした時、その担保となる土地の評価額が1000万円でした。それなら1000万円借りられるかというと、借りられないのです。

借入可能額は評価額の60%から80%

不動産担保ローンの場合、担保とする不動産の評価額の60%から80%を借入可能額としている金融機関が多いようです。先ほどの例だったら、評価額が1000万円だと600万円から800万円くらいまでしか借入できないことになります。金融機関側も、リスクを回避するためにこのように決めているのです。中にはリスクを回避しないところもありますが、その分金利が高く設定されていたり、借入希望額よりも少ない額で融資したりと対策をしています。必ずしも評価額と同じ額が融資されるのではないので、それは理解しておきましょう。

融資額の上限はあるの?

不動産担保ローンは、他の融資よりも大きな額が借りられるのが特徴の一つでもあります。少しまとまったお金を借りたい、担保となる不動産を持っているのであれば不動産担保ローンがおすすめです。普段取引がないところでも、申し込むことは可能です。融資額の上限があるのかどうかですが、それは金融機関ごとに決められています。数千万円まで借りられるところや、数億円まで借りられるところがあります。いくら上限が3億円となっていたとしても、担保とする不動産の評価額によって決められますので誰もが3億円借りられるわけではありません。多くの金融機関では、100万円くらいから1億円くらいのところが多く、上限額で多いところでは10億円まで融資が可能としているところもあります。億単位で借りようとするなら、かなり良い評価をされる不動産を持っていないと難しいでしょう。