不動産担保ローンは融資額=評価額ではない

融資額が大きいのが魅力

持っている不動産を担保にしてお金を借りる不動産担保ローンは、金利が低くて多くのお金が融資できます。多くの金融機関が取り扱っており、金利や貸付の条件はそれぞれ違うのでいくつかと比較して決めるようにすると良いでしょう。だいたい100万円くらいから5000万円くらいまでを借入可能額としている金融機関が多いですが、中には300万円くらいから数億円くらいまでとしているところもあり、まとまったお金が必要な場合に助かります。

担保を提供すれば希望額が借りられる?

家が持ち家なら、それを担保にして不動産担保ローンを申し込むことができます。使い道は自由となっているので、何に使うのかを証明するものを提出する必要もありません。例えば、大掛かりなリフォームをしたいので1000万円借りたいとします。手持ちの不動産を担保にするから1000万円貸して欲しいと言っても、すんなり「はい、わかりました」と貸してくれるわけではありません。

評価額と融資額の関係

金融機関は、融資の申し込みがあったら審査を行います。その際に担保として提供される不動産の調査も行います。その不動産はどれくらいの価値があるものなのかを専門家に評価してもらい、その評価額によって融資額が決まります。多くの金融機関では、融資額は評価額の6割から8割としていて、評価額が1000万円だったら600万円から800万円が融資可能額となります。不動産評価額=融資額ではありません。もし1000万円の融資を希望していても、その通りにはならないこともあると理解しておきましょう。また、不動産担保ローンは、申し込みをしてから融資が実行されるまで時間がかかると言われています。担保の不動産の調査などで時間がかかるのです。審査の日数については金融機関によって違うので直接聞いてみるか、口コミ情報などを参考にすると良いでしょう。即日に審査が完了することはありませんので、日数に余裕を持って申し込むようにしましょう。