不動産担保ローンで査定をしてもらうなら

相談する前に評価額を知ろう

不動産担保ローンでは、担保にする不動産の評価額によって融資額が決まってくるので少しでも高く評価してもらいたいと誰もが考えています。不動産担保ローンは、キャッシングなどのように申し込んですぐに審査、契約、融資実行と簡単に進むものではありません。まず金融機関の窓口などで相談し、それから申し込むような流れになります。金融機関に申し込む前に担保にしようと考えている不動産はいくらくらいの価値があるのかを知っておけば、だいたいの融資額がわかるので自分で調べてみましょう。

不動産業者に査定してもらおう

不動産の価格を知りたいのであれば、やはり不動産業者に査定を依頼するのが一番です。査定だけ頼んでも良いのか?と思うかもしれませんが、業者は査定だけでももちろんOKしてくれます。すぐに手放す予定はないけれども、今ならどれくらいで売れるのかといった場合でも対応していますので、遠慮せずに依頼してください。依頼は電話やファックス、インターネットで気軽にできます。その査定額から、だいたいの融資可能額がわかるはずです。

不動産査定サイトも活用しよう

自分で不動産業者を探してそこに査定を依頼するのはちょっと面倒だというなら、インターネットで無料査定を行っているのでそれを利用すると便利です。オンラインで不動産一括査定ができるもので、物件の情報を入力したら複数の不動産会社から査定額の連絡が入ってきます。物件情報を入力するのも1度で済みますし、比較もできてしまいます。もちろん、実際の物件を見て評価された額とは多少の差があるでしょうが、そう大きな差はないと考えられますので不動産担保ローンの融資額の予想をするのにはちょうど良いです。不動産査定サイトも複数ありますので、口コミ情報やランキングを参考にして使ってみると良いでしょう。査定額が全くわからないままよりも、ある程度の額を知ってから相談や申し込みをした方がスムーズです。