不動産担保ローンのメリット

たいていの金融機関で扱っています

持っている不動産を担保にして融資を受ける不動産担保ローンは、大きな額が借りられるのでまとまったお金が必要になった時に役立つものです。ほとんどの金融機関で取り扱っており、また不動産担保ローンを専門にしている金融会社もあるほどです。それぞれの金融機関によって融資の条件や申し込み方法、金利なども違いますので、自分に合うものを選ぶようにしましょう。

何と言っても金利が低い

融資にはいろんな種類がありますが、不動産担保ローンは他の無担保ローンと比べても金利が圧倒的に低く設定されています。これが一番のメリットと言えるでしょう。不動産担保ローンは5%くらいから10%前後のものが多く、カードローンの金利と比べても半分くらいなのでかなりのお得感があります。金利が高めのものを使っても、月々の支払額を抑えたらそれほど返済は大変ではないという人もいますが、総支払額がかなり違ってくるので金利は低いに越したことはありません。

多額の融資が可能

口コミ情報などでも、不動産担保ローンを申し込んで多額の融資をしてくれたので助かった、といった声は多いです。不動産担保ローンでは、ほとんどの金融機関は500万円以上の融資が可能となっていて、最大で10億円まで融資が可能としているところがあります。もちろん、多額の融資を希望するのであればそれに見合う担保を提供しなければなりませんが、家や土地を担保にするのであれば、まず500万円以上は融資が受けられると考えて良いでしょう。返済期間も長く設定できるので余裕を持って返済できます。また、他社での複数の借入をまとめるおまとめローンとしても使えるので、返済を一つにまとめて管理したいという人にもおすすめです。不動産担保ローンは、使い道は基本自由となっていますので、何に使うのかを審査で尋ねられることもありません。金利は低い、多額の融資が可能、使い道は自由なのでとても利用しやすいローンと言えます。